Rescate de epífitas Oleoducto Bicentenario, Tramo Araguaney - Banadía (rescate)

最新バージョン Oleoducto Bicentenario によって公開 Mar 9, 2017 Oleoducto Bicentenario

Datos que resultan de la ejecución de la medida de compensación relacionada con el rescate de plantas epífitas en el oleoducto Araguaney - Banadía entre Casanare y Arauca. Esta información responde a los datos obtenidos al rescatar las plantas epífitas a lo largo de todo el tramo Araguaney - Banadía

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、915 レコードが含まれています。 拡張データ テーブルは1 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

  • Occurrence (コア)
    915
  • MeasurementOrFact 
    1830

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 915 レコード Spanish で (40 KB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード Spanish で (11 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード Spanish で (8 KB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

引用方法

研究者はこの研究内容を以下のように引用する必要があります。:

Oleoducto Bicentenario (2013). RESCATE DE EPÍFITAS OLEODUCTO BICENTENARIO, TRAMO ARAGUANEY - BANADÍA (RESCATE) 915. Registros, aportados por Alejandro Calderón (Publicador, Proveedor de los Metadatos, Proveedor de Contenido, Creador del Recurso). En linea, http://ipt.sibcolombia.net/sib/resource.do?r=epifitas_oleoducto, publicado el 08/05/2013.

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Oleoducto Bicentenario。 To the extent possible under law, the publisher has waived all rights to these data and has dedicated them to the Public Domain (CC0 1.0). Users may copy, modify, distribute and use the work, including for commercial purposes, without restriction.

GBIF登録

このリソースをはGBIF と登録されており GBIF UUID: 8729d481-6cf8-4f36-b701-bd423bbd1d9fが割り当てられています。   Colombian Biodiversity Information System によって承認されたデータ パブリッシャーとして GBIF に登録されているOleoducto Bicentenario が、このリソースをパブリッシュしました。

キーワード

Epífitas; plantas; orquídeas; bromelias; rescate; plan; manejo; ambiental; oleoducto; Occurrence; Observation

連絡先

リソースを作成した人:

Alejandro Calderón
Coordinador científico
FOTOSÍNTESIS Calle 62 no 4 - 44 Bogotá Bogotá DC CO 57(1)4732425
http://fotosintesis.co/

リソースに関する質問に答えることができる人:

Alejandro Calderón
Coordinador científico
FOTOSÍNTESIS Calle 62 No 4 - 44 Bogotá Bogotá DC CO 057+1+4732425
http://fotosintesis.co/

メタデータを記載した人:

Alejandro Calderón
Coordinador científico
FOTOSÍNTESIS Calle 62 no 4 - 44 Bogotá Bogotá DC CO 57(1)4732425
http://fotosintesis.co/

他に、リソースに関連付けられていた人:

データ公開者
Alejandro Calderón
Coordinador científico
FOTOSÍNTESIS Calle 62 No 4 - 44 Bogotá Bogotá DC CO 057+1+4732425
http://fotosintesis.co/

地理的範囲

Entre los municipios de Yopal Casanare y Saravena Arauca

座標(緯度経度) 南 西 [5.33, -72.3], 北 東 [7.06, -71.33]

生物分類学的範囲

Todas las plantas epífitas se identificaron a género y especie

Family  Bromeliaceae,  Cactaceae,  Orchidaceae,  Araceae,  Polypodiaceae,  Piperaceae,  Gesneriaceae,  Vittariaceae,  Davalliaceae

時間的範囲

開始日 2013-04-11

プロジェクトデータ

説明がありません

タイトル Oleoducto Bicentenario, Tramo Araguaney Banadía
ファンデイング Oleoducto Bicentenario
Study Area Description Pié de monte llanero de Casanare y Arauca
研究の意図、目的、背景など(デザイン) Se siguieron los lineamientos planteados por la resolución 1091 de 2011 del MADVT. Se buscaron las plantas epífitas en veda según lo estipulado por el plan de manejo ambiental y se removieron de sus forófitos para ser trasladadas a la reserva natural La Marteja

プロジェクトに携わる要員:

研究代表者
Alejandro Calderón

収集方法

Ubicación de las epífitas según el estudio de impacto ambiental

Study Extent Tramo Araguaney Banadía de 230 km

Method step description:

  1. Ubicación de las epífitas y remoción de sus forófitos según lo indicado en resolución 1091 del Ministerio de ambiente y desarrollo sostenible

追加のメタデータ

代替識別子 doi:10.15472/jgypjv
8729d481-6cf8-4f36-b701-bd423bbd1d9f
http://ipt.biodiversidad.co/sib/resource?r=epifitas_oleoducto